Featured

クレジットカードはどういうもの?

こんにちは。
突然ですが、クレジットカードってすごいですよね。お財布を開けたらお金がそんなに入ってなかった・・・なんて事はありませんか?
私は過去に一度だけそういう事がありました。そんな時に助かるのがカードですよね。現金が手元になくてもそれで商品が買えるというもの。使い方が正しければ、とても便利なものです。
発行も最近ではとても簡単に出来るようになりました。私も驚きです。


今では多くの方が持っているクレジットカード

皆さんはクレジットカードをお持ちですか?
今は多くの方が持っていますよね。
私の友人には妹さんがいて、まだ学生なのですがクレジットカードを持っています。
私は怖くて持てそうにないです・・・。
ローンとか決済方法をよく分かっていないので、知らずに使うのは危ないかなぁと。
本当はあったら助かるかなとか思うのですが。
もう少し詳しく知ってから私も持ってみようかなと考えています。
高い商品をすぐ手に入れたい時などにもいいですね。
もちろん、自分の無理の無い返済が出来る範囲内に限りますけど・・・!


現金が無い時に頼れる存在

皆さんはどんな時に使われているんでしょう?
やっぱり高額な商品を買う時とか、・・・日常的とか毎日は使いませんよね。
よくCMとかでも言われていますが、何事も計画的に行かなきゃだめですよね!
いくら便利だと言っても好き勝手に使っては・・・後々困ってしまいます。
いざという時に頼れるのがクレジットカード。
色々なカードがありますが、今はどのくらいの種類があるんでしょうね?

04. 12月 2013 by veadmin
Categories: クレジットカード | Leave a comment

クレジットカードを解約したいときはどうするの?

就職や結婚、出産、退職などなど、人生にはさまざまな、大きな節目があります。そのときに生活スタイルを見直す人も大勢いることでしょう。現代は、よく「保険の見直しを!」といわれたりもしますが、手持ちのクレジットカードを整理するという人もいるのではないでしょうか。


<不要になったカードはどうしたら?>

そんなふうに見直した結果、もう使わないクレジットカードが手元にあったとしましょう。解約の手続きはどのようにしたらよいのか、多少なり考えてしまうのではないでしょうか。申込むときの手続きの煩雑さを思い出せば、解約にも同じくらいの手間がかかるのではと不安に思う気持ちも理解できます。しかし、クレジットカードは多くの場合、実に簡単に解約することが可能です。


<何と、電話一本で!>

カードの裏面には、カード会社の電話番号が記載されています。そこに電話をかけ、解約をしたいと申し出るだけの、ほんの数分で手続きは完了です。あとは手元に残るカードをはさみなどで切断し、他人が復元できないようにすれば安心です。ただし、当然のことですが、借りたお金は返さなければなりません。支払い残高が残っているカードの場合は、その支払いを一括請求されることになるので気をつけましょう。

28. 8月 2014 by veadmin
Categories: クレジットカード | Leave a comment

ETCとセットでお得なクレジットカード

高速道路に乗る時に煩わしいのが料金支払いでしたが、今では通るだけで支払いができるETCが普及し非常にスムーズになりました。渋滞も減り手間も省ける便利なETCカードですが、クレジットカードとセットで利用するとよりお得です。


<ETCとクレジットカード>

高速道路の割り引きなどが充実しており便利なETCカードは後払いの仕組みをとっており、これはクレジットカードと全く同じです。そのため、ETCカードを作るにはクレジットカードを作ることが欠かせないのです。ETCも支払い能力がなければ困ってしまうので、カード会社の仕組みをそのまま利用しているのです。カード会社はポイントをつけることでサービスを充実させています。


<ETCが使いやすいカード>

どのカード会社でもETCカードは同じように利用できるというわけではありません。まずカードの発行に関して条件が会社により異なります。審査の基準も当然ながら会社やカードごとに違うので、特に過去に返済の事故記録がある方は審査が通りやすいカード会社でなければETCも利用できません。また、ETCカードを発行すると時にお金がかかる会社とそうでない会社があります。中にはカードの年会費が無料でETCカードの発行も無料の会社があります。

30. 5月 2014 by veadmin
Categories: クレジットカード | Leave a comment

クレジットカード番号について

ISOは国際標準化機構といって、そのままではバラバラになりがちな規格を統一する組織です。この基準にのっとり、クレジットカード番号体系も国際基準で決められています。クレジットカードの番号は、ダイナースとAMEXを除き16桁になっていて、番号の役割は世界中で同じものになっています。ちなみにダイナースは14桁、AMEXは15桁になっています。


<カード番号の決まりについて>

16桁を例に説明をするとクレジットカードの番号は4×4の並びで構成されていますが、だからといって4つのまとまりごとに意味があるわけではありません。具体的には1番目の数字は主要産業識別番号、2番目は業態分類番号、3番目〜6番目は発行企業番号、7番目〜15番目は発行企業専用番号、最後の16番目はチェックデジットといって、不審なクレジットカード番号ではないかチェックするための数字です。

BINやIINといわれるカードの発行業社を特定するための数列は、1番目〜6番目までの数字を指します。1番目の数字だけで国際ブランドが特定できるのはVisaの4とMasterCardの5のみです。他のブランドは3か6から始まりますが、企業やカードの規格ごとに以下の数字の並びが複雑に変化します。例えばJCBカードなら3540などから始まりますが、三井住友VISAカードなら4980などから始まるという風に変わるのです。そして7番目〜15番目までの数字は企業内で自由に利用できますので、会員番号として利用しユーザを区別しているようです。

09. 4月 2014 by veadmin
Categories: クレジットカード | Leave a comment

初めてクレジットカードを持つのでしたらこちら!

初めてクレジットカードを持たれる方もいらっしゃるかと思います。
そんな方には、年会費のかからない無料のクレジットカードがお勧めだと思います。
こちらは、ご自分が利用されない限りでしたら一切料金が発生することはないので、安心してお持ちいただけるかと思います。
いざという時の為に持っておきたい!という方にも非常に良いかと思いますので、お勧めですね。


クレジットカードの審査について知りたい

クレジットカードを発行していただくには、審査を受ける必要があります。
その審査で何を確認されるのかといいますと、個人情報と信用情報についてみたいですので嘘偽りなく記入するようにして下さいね。
年齢や住所、勤務先や年収についても確認されますので、勤務年数が極端に少ない方や安定した収入を得ていない方に関しましては、審査に通りにくいとされていますので気を付けるようにして下さいね。
他にも、他社からすでに複数借入をしている方などに関しましても、注意が必要だと思います。


しっかり保管をしましょう

紛失してしまったり盗難にあってしまいますと大変ですので、クレジットカードはきちんと保管されるようにして下さい。
何かあった時に対処するのが大変になってしまいますので、普段から常に注意していただければと思います。
また、裏面にあります磁気ストライプなのですが傷つけてしまったり汚してしまう事の無いように大切に保管して下さいね。

07. 3月 2014 by veadmin
Categories: クレジットカード | Leave a comment

クレジットカードをデザインで選ぶ

クレジットカードを年会費、入会費をかけずに持つことができるようになりました。お金のかかるクレジットカードのほうが少ないと思えるほどで、カード選びの基準に年会費などがかからないことを条件に挙げる人も少なくないようです。


クレジットカードのデザインも注目される

そこで最近増えているのが、キャラクターや洋服のメゾンなどとコラボレーションしているデザイン性の高いクレジットカードです。今まで無機質な金色や銀色が多かった中で、カラフルなものや、迷彩模様など、お財布に入れていて目立つものが増えてきました。有名なところでは、ファッション通販を行うZOZOタウンなどが、人気の高いブランドとのコラボレーションクレジットカードを豊富に扱っているそうです。


アニメとのコラボも増えている

とあるシリーズなど、大人からの人気の高いクレジットカードで、アニメのキャラクターをデザインしたクレカもあります。これはほとんど、コレクションアイテムのように扱われていることが多いのですが、やはり欲しいと思う人は多いようです。フランスなどでも日本のアニメは非常に注目されていますから、これからもアニメキャラクターとのコラボレーションが増えるかもしれませんね。

17. 1月 2014 by veadmin
Categories: クレジットカード | Leave a comment

クレジットカードの審査を早く終わらせたい

クレジットカードの審査を早く済ませたい方の為に、裏ワザ的情報を提供いたします。最近のクレジットカードに搭載されているキャッシングサービス。サブ的な機能といて捉えている方は多くいらっしゃるようですが、クレジットカードの審査で時間が掛かるのはキャッシング関連の審査なのです。


キャッシング機能を一時的にキャンセルする

クレジットカードを早く手元に欲しい場合は、お申込み書類のキャッシング機能不要にチェックしましょう。もしも、キャッシング機能を付けたい場合は簡単な申請だけで後から追加する形にできるので問題ありません。


クレジットカード審査と信用情報

審査をできるだけ早く終わらせたいのであれば、普段から信用情報に気をつける必要があります。具体的には引き落としエラーなどマナー違反な行為を慎むという事です。信頼度が高い優良な利用履歴があれば審査もスムーズです。因みに、クレジットカードの利用履歴も信用情報として保存されています。保有期間は、解約に関係なく5年間です。最近では、利用履歴スコアを重視する方が増えている事から、自動キャッシングサービスを利用して、引き落としトラブル対策を行っている方が増えているようです。

04. 10月 2013 by veadmin
Categories: クレジットカード | Leave a comment

クレジットカードで失敗しない方法

クレジットカードはとても便利ですが、その便利さ故にウッカリ使い過ぎてしまって支払が難しくなってしまうという人も少なくはないのが実情です。そこで、クレジットカードで失敗しないためのコツを紹介したいと思います。


クレジットカードで失敗しないために

まず必要となるのは一冊のノートです。もちろんスマホなどでの管理アプリもありますが筆者がオススメしたいのはポケットサイズのノートです。出来れば手帳や長財布に入るくらいの小型のノートが良いですね。特に長財布の中に入るのならとても便利で確実なのですが無理なら手帳など携帯する率が高いものとセットに出来るよう工夫してみてください。

クレジットカードの比較サイト→クレジットカードならば、審査スピードと発券スピードは非常に大事ですね。そんな審査についてや、クレジットカードを作る上で失敗しない方法が詳しく載っているサイトです。


使ったら即メモする

実は非常に簡単なことなのですがそのメモに使ったらすぐ金額をメモするだけでいいのです。分割払いにした場合は分割回数と1回目の請求と2回目以降の請求金額を店員さんが説明してくれると思うので、それをきちんとメモしましょう。普段買うものより大きい買い物をする時や、衝動買いをしてしまいそうになった時にはそのメモを見る癖をつけてください。そうすると今自分がどれだけ使っているのか翌月にはいくら請求が来るのか把握できます。人は不思議なもので画面越しの文字や数字はどこか他人事のように見えてしまい、自分の字でメモされていることほど現実として認識できるようです。なので、ノートにメモするのがオススメなのです。

24. 9月 2013 by veadmin
Categories: クレジットカード | Leave a comment

クレジットカードとポイント関連サービス

クレジットカードの話をするのならばやはり、還元率などポイント関連のサービスは避けて通れません。ポイントはギフト券や金券に交換する事ができるので、ポイントが貯まるというのは実質ポイントの数相応のお金が貯まるという事です。


金融機関各種のポイントサービス

ポイントの貯まり方はクレジットカード会社が各自に設定したものなので商品によって用途も量もまちまちです。例えば系列店でのショッピング利用でポイントが貯まるカードもあれば、通販サイトの支払で利用するとポイントが貯まるカードもあります。また初年度は通常時の1.5倍のポイントが貯まる、誕生日の月は貰えるポイントが5倍になる、前年度のショッピング利用額が一定額を超えたら全てのポイントが2倍貯まる等のサービスがあります。


貯まったポイントの使い道

貯まったポイントは前述の通り、基本的には金券類やギフト券と交換でき、それが最もリーズナブルな交換商品だと言われています。また貯まったポイントは他にも旅行券と交換できる他、キッチン用品や日用品などと交換できます。会社によってはポイントの交換でしか手に入らない限定仕様の商品を設けている所もあるようです。また特にラインアップに魅力を感じないのであれば、ポイントをそのまま年会費にあてる事ができるクレジットカードもあるようです。

20. 9月 2013 by veadmin
Categories: クレジットカード | Leave a comment

クレジットカード決済でお得に生活を

本来、買い物の金額の負担などを数回に分けることができる、キャッシュレスでサインだけで会計ができるという理由から海外で発祥したクレジットカードです。日本ではまだ現金のほうが多く活用されることもあるようですが、クレジットカードで支払いを行うことで、普段、支払っている料金でポイントが貯まるなど、お得なことが増えてきました。


公共料金などもクレジットカードが利用できる

クレジットカードを利用できるお店や機関も増えています。今、注目されているのが公共料金の引き落としです。カードのポイントは利用金額によって変わってくるので、必ず毎月利用するお金であればカードで決済をして、ポイントに反映させようということです。公共料金で変わるのは、銀行引き落としの場合には引き落としの割引が効くのですが、この割引が適用されない以外で変わることはほとんどありません。割引額よりもカードのポイントやキャッシュバックのほうが大きいのであれば、カード決済を利用したほうがお得なのです。


カード決済は安全

スキミング問題などでクレジットカードそのものが怖いようなイメージがある人もいるかもしれませんが、クレジットカードそのものは自分で暗証番号などをしっかり管理すれば決して危険なものではありません。現在では、カードの利用をリアルタイムで人間が監視し、支払の確認を行うこともあります。

20. 9月 2013 by veadmin
Categories: クレジットカード | Leave a comment

クレジットカードの利用履歴について

クレジットカードの利用履歴が優良であると、新規クレジットカード、各種ローンの審査においてプラスの要素になります。しかし、クレジットカードの引き落としエラーなどのトラブルは軽視されがちです。


クレジットカードのトラブル

クレジットカード利用でのトラブルとして一番多いのは引き落としエラーではないでしょうか。引き落しされるのが利用日の翌々月であるため、使いこなせていない方は「うっかり」してしまう事も多いようです。そのような方は利用時引き落しが行われるデヴィッドカードに切り替える方もいるようです。しかし、ポイントサービス、ネット決算などの場面において重宝するのはクレジットカードであり、うまく使いこなしていきたいものです。


トラブル知らずの新サービス

引き落としエラー対策として最近導入された新しいサービスがあります。それは「自動キャッシングシステム」です。自動キャッシングシステムは引き落し日に指定された口座の残高が不足している場合にのみ自動的にキャッシングが行われるものです。自動的にキャッシングされると聞いて心配になる方も多いかもしれませんが、履歴にエラー記録がついて信用情報スコアが下がる事を考えるとこの機能の存在価値は大きいと考える方は多く、保険的に利用する方が増えています。

20. 9月 2013 by veadmin
Categories: クレジットカード | Leave a comment

クレジットカードと現金払いの違い

いまだに日本では多くの人が、クレジットカードよりも現金での支払いをしています。しかし、普段の何気ない買い物をカードで済ませることで、嬉しいポイントがたまります。


クレジットカードの優位性

クレジットカードを持っている人は多くいますが、ほとんどの人がどこでも現金払いを基本としています。それは、確かに自分が持っているお金の中から使うので安心とも言えますが、クレジットカードの方が安全でお得です。なぜなら、現金払いと同じ金額を消費したとしても、カード払いならばポイントがついたり割引されたりするからです。また、インターネットショッピングでは支払いがスムーズに済むので、通販を利用しやすいです。このように、上手に利用すれば、カード払いの方が確実に便利な生活が出来ます。


カードを落としても安心

もし、お財布を落としてしまった時、幸運にも誰かが届けてくれたら問題はありませんが、見つからなかったり盗まれたりした場合は、財布に入っていた現金はすべて損してしまいます。しかし、クレジットカードはカード会社に届けることで機能を停止することが出来、仮に誰かに使われたとしてもその金額はカード会社が補てんしてくれます。そのため、日常的に多くの現金を持たずにカードを使用していれば被害が少なく済みます。

20. 9月 2013 by veadmin
Categories: クレジットカード | Leave a comment

クレジットカードの選び方

クレジットカードは様々な種類がありますね。沢山ありすぎて比較をするのは難しいです。まずは、その膨大にあるクレジットカードの中からある程度絞っていかなくてはなりません。ここでは、最初の大まかな選択をするにあたっての選択項目に関してご紹介したいと思います。

クレジットカードを選ぶときにまず考えたいこと

クレジットカードをまず大まかに選択する時に大切にしていただきたいこと。それは、利用者のライフスタイルや、物に対する価値観です。恐らくほとんどの人が最初に考えることは下記4つだと思います。
●利用できる加盟店が多いかどうか
●利用する上でメリットがあるか(ポイントシステムや付帯保険等)
●年会費はかかるかどうか
●所持することでステータスを感じられるか
この中のどれを優先するかどうかは、自分のライフスタイルや価値観で変わってくるでしょう。

所持枚数について

また、所持する枚数についてですが、沢山持つことはあまりお勧めできません。使用目的ごとに分けるぐらいでいいのではないでしょうか。カードの利用額の管理が大変になります。ポイントシステム重視で選んだ場合は、特にお勧めいたしません。ポイントが分散され非効率だからです。
クレジットカード一枚選ぶだけでも、考えることが沢山あるのです。しっかりと吟味して、自分に一番合ったクレジットカードを見つけてください。

20. 9月 2013 by veadmin
Categories: クレジットカード | Leave a comment