クレジットカードと現金払いの違い

いまだに日本では多くの人が、クレジットカードよりも現金での支払いをしています。しかし、普段の何気ない買い物をカードで済ませることで、嬉しいポイントがたまります。


クレジットカードの優位性

クレジットカードを持っている人は多くいますが、ほとんどの人がどこでも現金払いを基本としています。それは、確かに自分が持っているお金の中から使うので安心とも言えますが、クレジットカードの方が安全でお得です。なぜなら、現金払いと同じ金額を消費したとしても、カード払いならばポイントがついたり割引されたりするからです。また、インターネットショッピングでは支払いがスムーズに済むので、通販を利用しやすいです。このように、上手に利用すれば、カード払いの方が確実に便利な生活が出来ます。


カードを落としても安心

もし、お財布を落としてしまった時、幸運にも誰かが届けてくれたら問題はありませんが、見つからなかったり盗まれたりした場合は、財布に入っていた現金はすべて損してしまいます。しかし、クレジットカードはカード会社に届けることで機能を停止することが出来、仮に誰かに使われたとしてもその金額はカード会社が補てんしてくれます。そのため、日常的に多くの現金を持たずにカードを使用していれば被害が少なく済みます。

20. 9月 2013 by veadmin
Categories: クレジットカード | Leave a comment